初めてセクキャバ(おっパブ)に行った体験談

昨日は友達と久しぶりに飲もうということで、

友達の地元である東京の端の青梅線という沿線沿いにある

小作駅に行きました。

 

バーで軽く飲み、定食屋でガッツリ食べて色々話しました。

 

女の子の話題になり、

友達は最近キャバや風俗に付き合いなどでちょいちょい行っているとのこと。

色々と巡ってみたいということで、

地元の小作でも行ってみようかということになりました。

 

小作は一応青梅線沿線では夜の店などが集中しているようで、

無料案内所などもありました。

そして通りのキャッチもめちゃくちゃたくさんいました笑

 

田舎だしかわいい子は明らかに居なそうでしたが笑

せっかくだし話のネタになるかなと思いネットで調べたところ、

セクキャバ(おっパブ)があり、

自分も友達もまだ一度も行ったことがなかったので、

どんなものか行ってみようということになりました。

 

セクキャバ(おっパブ)とは?

簡単にいうとお触りありのキャバクラです。

 

席は少し個室っぽくなっていて、

女の子が付いてくれるので話したり飲んだりします。

 

店内が暗くなり音楽がかかってショータイムになると

女の子が上に乗ってきたりして、

キスしたりおっぱいをもんだり攻めたりするというシステムです。

ヌキや挿入などはできません。

 

セクキャバ(おっパブ)体験談

覚悟を決めて店の前に行き、ボーイに値段を聴くと1時間8000円とのこと。

しかも現在30分待ち!

いくらセクキャバとはいえ、

田舎なのにたけーしどんだけ混んでんだよ!笑

 

ネットで、飲み物込みで初回フリー5500円というクーポンを見せると

渋々という感じで案内してくれました笑

 

友達はこのボーイの態度にイラついていました笑

 

 

そうして店内に案内され、中央の大きなソファーで待機。

クーポン使ったせいか飲み物すら出てこず笑

 

席を移動する女の子をレースのカーテン越しに見てみると

見事にブタ!笑

 

思わず友人と顔を見合わせて苦笑いしてしまいました^^;

 

そうして40分くらい待たされて、

やっと席へ案内されました。

 

そうしてついにブタとの対面笑

はじめに付いてくれた子は赤いドレスだったので

まさに赤ブタでした笑

 

20代半ばで昼職も少ししてるけど給料少なくて

夜もやってるとこのとだが、

ブタなのに時給良いのかとか思うと余計イラつきました笑

 

話はしたけどどうでも良かったし、

キスしたり、胸も他の男がなめた後だと思うと汚くて触る気にもならず、

ショータイムも普通に会話していました笑

 

15分くらいで交代し、

次に来たのは白い服を着た白ブタ笑

大学生らしいです。

 

まあこちらもイチャイチャする気にならず、

結果おっパブなのにノータッチでひたすら話していました笑

 

2人付いた後、時間とのことで

もちろん延長はせず退店。

 

友人はスタイル普通でまあまあかわいい子だったと言うから

俺は運が悪かったのでしょう笑

 

あとやはり自分は潔癖性なのか、

他の男とキスした直後の女の子や、

他の男がなめた直後のおっぱいに

触れたくないと思いました笑

 

イチャイチャしなくていいから、

行くなら普通にかわいい子がいるキャバの方が良いです!笑

 

出会系アプリおすすめランキング 安全安心なのは?女性無料 サクラ注意